Kaji-G ART WORKS /気ままに のんびり Diary

気ままに のんびり ダイアリー  = Artist 梶山こうじの 日常 =  制作日記 イベント情報 想い。。。いろいろ

                  *掲載されている 全てのコンテンツの 無断転載 無断使用を 禁止いたします。

<Kaji-G ART WORKS & ART SHOP> http://kaji-art.net/   <気ままに のんびり 〈Poet〉気分♪> http://poet.kaji-art.net/
<MySpace> http://www.myspace.com/kajiart

<日記に登場した Kaji-G お薦めGOODS! CD/本など> http://astore.amazon.co.jp/kgawd-22/
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
   

PROFILE
  
RECENT COMMENT
  • 鬼野芥子 と 野芥子
    kaji-G (10/17)
  • それでも 月は 美しく 輝いている。。。  (2011年03月22日 の ブログ)
    kaji-G (10/17)
  • 鬼野芥子 と 野芥子
    横林寛 (09/10)
  • 鬼野芥子 と 野芥子
    横林寛 (09/06)
  • それでも 月は 美しく 輝いている。。。  (2011年03月22日 の ブログ)
    t-33 (06/26)
  • それでも 月は 美しく 輝いている。。。  (2011年03月22日 の ブログ)
    kaji-G (06/26)
  • それでも 月は 美しく 輝いている。。。  (2011年03月22日 の ブログ)
    t-33 (06/26)
  • 飽きる とは 何だろう?
    kaji-G (03/17)
  • 飽きる とは 何だろう?
    t-33 (03/12)
  • それでも 月は 美しく 輝いている。。。 あの日… 3/11から 3/19の十五夜までの 月
    kaji-G (09/01)
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
大江戸リサイクル事情
大江戸リサイクル事情 (JUGEMレビュー »)
石川 英輔
思い返そう! 江戸時代のリサイクル精神! すごいゾ♪
RECOMMEND
People's Spring
People's Spring (JUGEMレビュー »)
Warsaw Village Band
ポーランドの トラディショナル・ポップ・バンド♪
RECOMMEND
ベリー・ダブル
ベリー・ダブル (JUGEMレビュー »)
ババズーラ&マッド・プロフェッサー
トルコ産 レゲエ(ダブ)!
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
蝶は舞い 花の蜜を吸う♪

 
   こちらの殺気(撮気)が 強いのか?
   相手の警戒心が 強いのか? それとも 両方共なのか?
   もしかして まだ暢気な個体が 登場してないからなのか?

   10cmくらいの至近距離まで カメラを近付けられるように
   殺気(撮気)を 殺す。

   1本の菜の花の前で ジッと待つ。。。
   その間 時間が止まり 僕は 風景に溶け込んでいた。
   ある意味 カメラと一体になっていた とも言える。

   他の花に 蝶が群れていようとも 動じない。
   ひたすら風景となり 待つ。
   すると 虫たちが 安心して 目の前に やって来る♪
   目の前で 乱舞する♪

   それを こっそり 撮らせてもらう。




 *ベニシジミ*
 


 *ルリシジミ*
 


 *キチョウ*
 


 *スジグロシロチョウ*
 


 


 


 


 


 


 *モンシロチョウ*
 


 


 




            白蝶に 近付き 眼を観る エメラルド





 
春の 花たち♪

 

   何か(誰か)に 何らかの名称を与え 観ることによって
   物語は生まれる。

   名前が無いのは のっぺらぼうの その他大勢。
   それは 通行人みたいなもので 見えていて 見えてない。
   風景を埋める為の 模様みたいなもの。



   夢は 叶えようと行動しなければ ただの夢。
   でも 本当に叶えたい夢は 心の奥の方に 隠されていたりする。





 *ムラサキケマン* 今年は たくさん咲いている♪ 毒草だけど。
 


 


 *キケマン* こちらも 毒草。。。
 


 *ヤハズエンドウ(カラスノエンドウ)*
 


 


 *アオキ* 上:雌花 下:雄花
 


 


 *アケビ* 雄花 と 蕾♪
 


 *タチイヌノフグリ* 小さい小さい 花♪
 


 *大根* 儚げな 白い花。
 


 *キツネノボタン* 蝋細工のような 艶♪ でも 毒草。。。
 


 *関東タンポポ と 二輪草*
 


 *ヤブニンジン* 風に揺れる 小さい花♪
 


 *タチツボスミレ* 山道に咲く 可憐な花♪
 


 *ハルジオン* お陽様のような♪
 






 
桜 咲く

 
   先日の 雨の日。。。

   こんな雨の日は 岩海苔の 微かに温かい感じの 香りのする
   チューニングのカリンバを ポロンポロンと弾いているのが
   気持ち好い♪

   だからといって 薹が立って筋っぽくなって
   大味になった 冬大根のような 弾き方をしたら
   余計に寒くなるから 注意しないと。。。

   こんな感じには 梅酢を飲んだ時の 酸っぱい味のする
   シェーカーの音が 斜め右後ろ45°くらいに 聴こえてくると
   もっと 温かくなるんだが。

   まあ 酸っぱい味のするシェーカーの音が 無い代わりに
   ツクシの袴を取る 音のような カリンバの シズル音が
   鳴っているから OKだね♪

   それにしても今日の雨は 天ぷらを揚げるような 音だなぁ。。。

   雨の音が 踏切を通り過ぎる 電車の音に変わり
   風の音が わたしの城下町の頃の 小柳ルミ子の声に変わった
   そんな 夕暮れ。。。



   だったのに。。。 だったのに。。。

   晴れた途端に 桜 絶好調に 咲き出した。




 


 


 


 


 


 蜂たちも やって来た♪

 *桜の 花から花へと ミツバチ。(右上に 飛んでった。)
 


 *ミツバチより 一回り大きい クロマルハナバチ。
 


 



   暖かいなぁ♪





 
蜂たちも 春♪

 
   毎年 蜜蜂が 来てくれるのが 嬉しい♪

   しかし どこから 来るんだろう?
   どこに 巣が あるんだろう?

   天然自然の 蜜蜂なのか?
   それとも どこかで 養蜂されているのだろうか?

   気になるのだが 僕には 調べる術は 無い。




 *西洋ミツバチ*  胴の縞模様が 黄色っぽい。 比較的 帰巣本能が強く 闘争本能も強い。
 


 


 


 


 



 *日本ミツバチ*  胴の縞模様が 黒っぽい。 比較的 帰巣本能が弱く 闘争本能も弱い。
 


 


 



 *キマダラハナバチ の仲間*  この仲間は 小さくて 同定が難しい。。。
 






 
虫たちの 春♪

 
   虫たちも やっと! 春を 謳歌し出した♪

   好い季節に なってきた♪




 *ホソヒラタアブ*  輝く鉛色と オレンジ色が美し〜い♪
 


 


 *オオハナアブ*  ずんぐりと 丸い感じの オオハナアブ。
 


 *ビロードツリアブ*  ストローのような長い口で ホバリングしながら 蜜を吸うのだ。
 


 *ユスリカ?*  両方とも 小さい羽虫で 違う可能性も。。。(汗)
 


 


 *ルリシジミ*  こっそり 隠れて。。。
 


 *ヤミイロカニグモ か アズマカニグモ*  見た目だけでは 専門家でも 区別出来ないらしい。
 


 *コハナグモ*  二輪草の花に かわいい コハナグモの ♂。
 


 *ミツボシツチカメムシ*  4mmくらい(米粒大)の 小さなカメムシ♪
 


 *ナガメ*  こちらも 4mmくらい(米粒大)の 小さいカメムシ。
        菜の花などの 葉っぱを食べるから ナガメ(菜亀)。
 


 


 *イタドリハムシ*  模様の美しい 7〜8mmの 葉虫。
 


 *コガタルリハムシ*  フムフム♪する コガタルリハムシのペア。
          ♀のお腹は タマゴでパンパンに膨らんでいるよ。
      しっかり いのちを紡いでね♪ お邪魔しました〜!(笑)
 


 





 
菜の花や

 

     菜の花や 月は東に 日は西に



   これは 与謝蕪村の 有名な句 である。

   この情景が 可能になるのは 春の 満月の前後。。。
   2月〜4月と 考えられる。

   しかも 東西の 地平線が見えるような
   広々とした 草原でなければ 観ることは出来ない。

   夕陽の草原が 一面 黄色い 菜の花だったら。。。♪

   情景を 想像するだけで 失禁。。。
   いや(笑) 思わず 泪が出てしまうかもしれない。



   正確には 昨日が 上弦の月。。。 半月だった。

   まぁ 1日遅れだが ほぼ半月。。。(笑)
   ほぼ上弦の月が お昼頃に 東の空に 見えた。

   東の空には 雲ひとつ無い 青空に 白い半月♪
   南の空には 眩しく輝く お天道さま♪

   自分を中心に ほぼ直角の 位置関係に 鎮座する。

   両腕を 時計の針のように 月と太陽を 指してみた♪



   野生化した 小松菜の花が 咲き始めた♪




 



 






 
鳥たち

 

   数日前までは 鳥たちの鳴き声も 硬かった。

   トンビは ピーヒョー! カラスは カーー!


   それが 暖かくなってからは 柔らかい。

   ぴ〜ひょろろろぉ〜〜♪ くゎ〜〜くゎ〜〜♪


   どことなく 緩い♪(笑)

   小鳥たちの おしゃべりにも メロディーが 感じられる♪


   今日は 少し 寒さが 戻ったけれど

   寒さの 質が 以前とは 何かが 違う。






   僕のカメラは 接写には強いが 望遠は 苦手である。
   望遠は 限界で これである。。。 画像も 荒いし。。。

   もちろん 僕の技術にも 問題がある かもしれないけど。。。

   鳥の写真は 思うようにいかない。。。


   三脚で カメラを固定して 鳥が来るのを ひたすら待つ
   な〜んてことを する気は 毛頭無い。(笑)

   散策しながら チャンスがあれば 撮る!
   そういう スタンスである。



   そんな 数少ないチャンス ではあるが
   鳥たちを 撮ってみた。



 *スズメ
 


 


 *トンビ
  (写真を撮り始めて 初めて! 10mくらいの先の 枝に止まった。
   焦って 写真を撮ったら ブレてしまった。。。 汗)
 


 *ジョウビタキ の雄(♂)
 


 


 *ムクドリ。。。かな?  遠くて よく判らない。。。(汗)
 


 *メジロ (3mくらいまで 近付いて やっと撮った。)
 





   もう少し 良いカメラが 欲しい。。。

   技術の問題かどうかも 答が 判るだろうし。。。(笑)



   安くて(←これ 重要) 評判の良いカメラを 知っていたら

   教えて〜〜〜〜!!





 
春を頂く♪

 

 

   さて これは 何でしょう?



   昨年は 2月13日(旧暦 1月7日)に 摘んだ。

   今日は 1月22日(旧暦 12月8日)だから〜
   新暦では 22日。。。 約3週間
   旧暦では 29日。。。 約1ヶ月も 早い!!



   昨年の 2月13日の 日記を見ると
   その日の気温も やはり 生温かった と書いてある。

   これは 生温い(生暖かい)と 生えるのか?

   いや。。。 突然 ポン! って 生えるワケが無い。
   たぶん 数日前には 芽生える準備が 出来ていたハズだ。

   芽生えのスイッチは 土の弛み か??



   よ〜く 考えてみたら 生えた場所が 違う。

   昨年 たくさん生えた場所は 陽当たりの 悪い場所。
   今年の場所は 陽だまりの 暖かい場所。

   この差は 大きそうだ。

   昨年と 同じ場所に 生えるまで
   もう少し 時間の経過を 見ることにしよう。。。





   ということで〜〜 答は!!

   フキノトウ(蕗の薹) でした〜〜♪
   

 


 





   早速 5つ 摘んで 一冬鍋に 入れて
   頂きました〜〜〜♪

   苦くて 美味い!! 久々の 春の ニガウマ♪



   ご馳走さまでした〜〜♪






 
梅 二輪

 

   生暖かい風が ふぅ〜 と吹く。

   ただ 暖かい のでは無い。

   生暖かい のだ。



   昨日まで 硬かった 梅の蕾は

   この 生暖かい 風とともに

   急速に 緩み始めた。


 




   そして 気の早い 梅の幼木は

   昨年と同じ 大寒の 次の日

   今日の この日を 待っていたかのように



   花を 二輪 咲かせた。


 


 






   春が 大きく 深呼吸を し始めた。






 
温い 大寒

 
   いやぁ〜〜 温い 温い♪

   大寒 とは 思えない。



   普通に 冬の格好で 散策してたら
   うっすらと 汗をかいた。

   この間までの 寒さが 嘘のよう。



   立春まで あと15日。
   新年(旧暦ね)まで あと25日。

   このまま 暖かくなっちゃうのかな?
   そんなことは無い とは思うけど。。。



   土は 確かに 緩んできた。

   でも まだ 蕾は 硬い。



 


 


 






 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.